昔は和装から洋装が主流だったお色直し。
今はチャペルウエディングが人気のためか、
洋装から洋装というパターンが多いようですね。
先日出席した披露宴の花嫁も、
純白のウエディングドレスからピンクのドレスに
お色直ししていました。
でも、ちょっと残念だったのは、どちらもヒラヒラ系の
キュートなデザインのビスチェドレスで、
似たような印象だったこと。
あまり「変わった」という感じがしなくて、
ゲストの盛り上がりもイマイチだったように思います。
もちろんその花嫁は、そういう可愛らしいタイプのドレスが
大好きなのでしょうし、自分らしいドレスを選んだら
その2着になったのでしょう。
しかし「清楚なイメージ」から「華やかなイメージ」へ、
あるいは「エレガントな印象」から
「スタイリッシュな印象」へといった
イメージチェンジを上手にしないと、
せっかく着替える効果が半減してしまうと思うんです。
たとえば、挙式でシンプルな白ドレスを着るなら、
お色直しは思い切りデコラティブなカラードレスに。
もしお色直しもシンプルなデザインにしたいなら、
淡い色よりビビッドな色のものの方が、
ひと目で「わあ、さっきと全然違う!」となって、
今までと別の美しさで
ゲストの目を楽しませることができますよね。
おせっかいかもしれないけれど、
今度結婚する知人に今回の感想を話して
参考にしてもらおうかなと考えています。

パーティードレスならドレスラボ